逆流性食道炎

はじめに

口が酸っぱい、喉の違和感、胸やけなど様々な症状で悩んだことはありませんか?
その症状、逆流性食道炎かも知れません。

最近では、逆流性食道炎になってしまう人が増えているようです。
逆流性食道炎の症状や対処についてまとめました。

症状

逆流性食道炎の症状は様々です。
具体的には下記のような症状があります。

1.胸やけ
 特に食後や空腹時、また朝起きた際など胸が焼けるような感覚がします。

2.口が酸っぱい
 呑酸により口が酸っぱく感じます。

3.喉の違和感
 喉の奥に何かが詰まっているような違和感を感じます。また、痰がからんだり、咳込んだりします。

対処

逆流性食道炎の対処は、当然病院に行って医師の診断を仰ぐことが一番ですが、自分でも下記のような対処ができます。

1.ガムをかむ
 唾液を分泌することで、胃酸が中和されます。

2.白湯を飲む
 上がってきた胃液を押し返すことができます。

3.刺激物を控える
 コーヒーや辛いものなど刺激物を控えることで、胃酸の分泌を抑えることができます。
喉に違和感があるからと言って、のど飴をなめることは控えた方が良いです。

処方箋医薬品(医者に処方してもらう必要がある)
 ・タケキャブ
 ※2015年に発売された新薬

一般用医薬品(ドラッグストアで買える)
 ・ガスター10
 ※強力な薬のため2週間を超える使用はしないこと。2週間以内に症状が改善しない場合は必ず医師に相談が必要です。